━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び方を学べ!ドラゴン桜公式メルマガ

2019年2月25日(月)

【Vol.091 取材記事・コラム版】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月曜日7時・木曜日0時の週2回配信

 

 

こんにちは!担当編集まほぴです。

今週も「ドラゴン桜公式メルマガ」をお送りします!

 

 

◇目次◇

 

1.

たらればさん、教えてください!

古典が好きになる話

 

2.

「能力開発」から「興味開発」へ

探究学舎・宝槻泰伸さんインタビュー

 

3.

アウトプットが人生を変える!

スキマ時間でできるSNS発信術

 

4.

角田陽一郎の

最速で身につく勉強法

 

5.

大人でも実践できる!

ドラゴン桜流英語学習法

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

1.【連載】

たらればさん、教えてください!

古典が好きになる話

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【第三回】

 

「秋の田の 仮庵(かりほ)の庵(いほ)の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ」天智天皇

(秋になって豊かに実る稲穂を眺めていたら、仮宿の天井から漏れ落ちてきた雨露に、袖が濡れてしまったなぁ)

 

 やや唐突ではありますが、

「生き残るのは、強い生物でも賢い生物でもない。変化に適応できた生物だ」

 という警句はご存じでしょうか。

 多くの場面(平成13年9月の小泉内閣総理大臣所信演説など)で「チャールズ・ダーウィンの言葉」として紹介されているフレーズです。激動の時代を生き抜くために必要なのは、強さや賢さよりも適応力だ、と。うーむなるほど、ビジネスにも人生訓にも応用できそうな言葉ですね。

 なにより、いかにも『種の起源』を記したダーウィンの言いそうな名言であります。が、しかし、残念ながらこの言葉はダーウィンが語ったものではないようです。

 詳しくは下記サイト(※)をご参照いただきたいのですが、ある研究者がダーウィンの著作や評伝を片っ端から調べたところ、上記のような趣旨の発言はどこにも見つからず、どうやらもともと経営学の著名な教授がマーケティングの教科書で誤用していて、それが広まったのではないか…という話のようです。

(※ http://www.darwinproject.ac.uk/evolution-misquotation )